ヴァイオリンと弓の名工たち


ヴァイオリン
 現在の形のヴァイオリンは1600年の少し前にブレシャのガスパーロ・ダ・サロが作り始めたようです。(ディーフェンブルッカーという人が初めだという説もある)ダ・サロの弟子にマッジーニという人がいてこの2人がブレシャ派の名工です。

ダ・サロと同時期にクレモナでアマティーが仕事を初めました。クレモナには何人もの名工が輩出し、Amatiが5人、Stradivariusが3人、Guarneriが5人、Ruggeriが3人、Testoreが3人、Grancinoが4人いました。この中で特に重要なのが、Nicola AmatiJosef Guarnerius del GesuAntonio Stradivariusの3人です。

Stradivarius(1644?〜1737)の作品は3つの時期に分けられます。
〜1686アマティの影響が大の初期の作品
1686〜1695ロングパターンと言われる時期
1700頃〜もっともStradivariusらしい作品(黄金期は1715年頃といわれる)

これに対してGuarnerius(1687〜1745)の方は作られた楽器の数はかなり少ないですが、作品はやはり3つの時期に分けられます。

この2人をを継ぐクラスとしては、Carlo BergonziF.RuggeriP.GuarneriJ.B.Guadagnini等色々います。クレモナ時代の最後の名工と言われるのが、Lorenzo Storioniです。この後ではPressendaが良い楽器としてもてはやされています。

 イタリアの楽器に対抗してフランスでもたくさん楽器が作られました。フランスのトップクラスはNicolas LupotJ.B.Vuillaumeの2人です。Lupotの弟子のGandBernardelの2人も有名です。

 ドイツにはAmatiの少し前に、Jacob Stainerが名器を作り出しましたが、今の広いホールで弾く要求に応えられるタイプの楽器ではないので現在ではドイツの楽器はあまり重要視されていません。イギリスの楽器も同様です。


 フランスは楽器以上に弓の名産地です。弓で有名なのはF.TourteD.Peccatteの2人です。更にEuryPageotKittelSartoryなどがいます。(ここに挙げたのはいろいろなクラスが混じっているので、全てが同じクラスという意味ではありません。)